暮らし観光
移住・定住子育て
ホーム >> 暮らしトップページ >> 生活 >> 防災 >> 翌朝までに大雨が予想された場合、前もって避難勧告等を発令しています
ホーム >> 暮らしトップページ >> 組織案内 >> 住民生活課 >> 翌朝までに大雨が予想された場合、前もって避難勧告等を発令しています
ホーム >> 暮らしトップページ >> 生活 >> 生活お知らせ >> 翌朝までに大雨が予想された場合、前もって避難勧告等を発令しています
翌朝までに大雨が予想された場合、前もって避難勧告等を発令しています

普段から、自宅が危険箇所に入っているのかハザードマップで確認しておこう!

 8月8日土曜日18時に、全町の「河川氾濫」と「土砂災害」の危険な区域に住んでいる方々、787世帯1823人へ避難勧告を発令し、実際に27世帯58人の皆様が避難されました。これは、夕方時点で、翌9日日曜日朝にかけて本町で大雨(当時は、5時間で100mm以上の予報が出されていた)が予想されたためです。町では、夜間の避難勧告等の発令をできるだけ避けるため、翌朝までの間に大雨が予想された場合には、夕方の明るい内に前もって避難勧告等を発令することにしています。今回は、夕方の時点でまだ雨も降っておらず、また実際に大雨にはなりませんでしたが、早めの避難にご協力をいただいた皆様に感謝申し上げます。
 なお、発令後に、「自分は避難した方がよいか?」「787世帯1823人とはどこのことか?」などのお問合せを多数いただきましたが、普段から自宅が「河川氾濫の危険な区域(浸水想定区域や過去に浸水の実績がある区域)」や「土砂災害の危険な箇所(土砂災害警戒区域「通称:イエローゾーン」)」にあるのか、ハザードマップを見て確認しておきましょう。町の避難勧告等は、基本的にこれらの危険な区域に住んでいる方々に対して発令されるものです。ハザードマップは以下の【関連コンテンツ】で確認できます。
 今後も新型コロナウイスル感染症対策の関係もあり、避難勧告等の発令の際にはできるだけ多くの避難所を開設していく方針です。避難される皆様も、マスクの持参や食料を含めた備蓄品の持参にご協力をお願いいたします。右の写真は、この度初めて避難所開設をした矢場崎集会所です。
矢場崎集会所
このページに関するお問い合わせ先

五城目町役場 住民生活課 住民生活係
TEL 018-852-5112
FAX 018-852-5367
〒018-1792 秋田県南秋田郡五城目町西磯ノ目1丁目1-1

ページ上部へ