ホーム >> 暮らしトップページ >> ごみとリサイクル >> 「ごみの分け方・出し方」のルールを一部変更しました
「ごみの分け方・出し方」のルールを一部変更しました

ごみの分別や粗大ごみの出し方などについて

要望の多かった傘の出し方について、ルールを変更しました。
ごみの分別や粗大ごみの出し方など、町民の皆様からの質問について、次のとおり回答します。

粗大ごみに傘をまとめて出すことができるようになります。

【粗大ごみ】
 〇傘をまとめて出すことができるようになりました
   10本以内を紐などで梱包し、票せんを一枚つけてください。

 ※この変更は、令和2年4月1日からのごみ収集に適用します。 

質問の多いごみの出し方について回答します。

【可燃ごみ】
 〇金属の留め具がついたバッグ
   基本的に燃えるごみとして出してください。
 〇金属の留め具がついたくつ
   基本的に燃えるごみとして出してください。ただし、安全靴は不燃物の金属類に出してください。
 〇金属のファスナーのついた衣類
   基本的に燃えるごみとして出してください。

【不燃ごみ】
 〇電池類の出し方
   電池類は、いろいろ種類がありますが、レジ袋などにまとめて入れて不燃物の金属類に出してください。
   なお、充電ができるリチウムイオン電池は一般収集もできますが、発火等の事故防止のうえからも、家電
   量販店のリサイクルボックスへの持ち込みをお勧めします。
 〇電気ポット、魔法瓶など
   中身の材質にかかわらず、不燃物の金属類に出してください。

【収集しないもの】
 〇建築廃材、家屋廃材など
   廃材の大小や量の多少にかかわらず、町では収集しません。産業廃棄物として出してください。

 ※その他、分別や出し方の不明な場合は、住民生活課までお問合せください。

このページに関するお問い合わせ先

五城目町役場 住民生活課 住民生活係
TEL 018-852-5112
FAX 018-852-5367
〒018-1792 秋田県南秋田郡五城目町西磯ノ目1丁目1-1

ページ上部へ