森林環境譲与税の使途を公表します

森林環境譲与税について

森林環境譲与税は、間伐や人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発など、森林の整備およびその促進に関する費用に充てることを目的に、令和元年度から譲与が開始されました。

市町村や都道府県は、適正な使途に用いられることが担保されるように、インターネットの利用その他適切な方法により森林環境譲与税の使途を公表しなければならないとされています。

五城目町への譲与額とその使途について

令和元年度は14,249,000円が、令和2年度は30,282,000円が譲与されています。
使途については、ページ下部のPDFファイル「五城目町森林環境譲与税に関する決算状況」をご参照ください。

また、森林環境譲与税を有効に活用して、適正な森林の整備やその促進につながる取組を計画的に進めるべく、森林環境譲与税の活用に向けた基本方針を策定しています。
基本方針については、ページ下部のPDFファイル「森林環境譲与税の活用に向けた基本方針」をご参照ください。