【新型コロナワクチン】全額公費による接種は、令和6年3月31日で終了します

令和5年9月20日以降、生後6か月以上のすべての方に対して、新型コロナのオミクロン株に対応した1価ワクチン(XBB.1.5対応ワクチン)の接種が開始されていますが、全額公費による接種は令和6年3月31日で終了します。 詳しくはこちらをご確認ください。
接種を希望する方は下記をご覧いただき、早めにご連絡・ご予約ください。

接種可能期間
令和6年3月31日まで
接種回数
秋開始接種は令和5年9/20以降に一人一回です。(オミクロン株対応1価ワクチン:XBB.1.5)
接種対象者
初回接種を完了した全ての方が対象です。
※初回接種は、5歳以上は2回接種、6か月~4歳は3回接種をさします。
接種費用
無料(令和6年3月31日まで)

接種予約の申込について

個別接種(千葉内科医院)

◆接種期間:令和6年3月31日まで ※ワクチン供給状況により短くなる場合もあります。
      接種希望の方は早めに日程をお問合せください。
◆12歳以上の方が予約可能です。
 接種券一体型予診票等書類一式を持参のうえ、診療時間内に医院窓口に予約申込をお願いします。

個別接種(町外医療機関)

町外医療機関(秋田市内のかかりつけ医)等でも接種できる場合がありますので、各医療機関に早めにお問合せください。

生後6か月~4歳児の個別接種(湖東厚生病院)

◆接種日 令和6年2月9日(金)
 年齢(月齢)や最終接種日により接種日が限定する場合もありますので、接種希望の方はお問合せください。(予約制)
詳しくはこちらをご確認ください。

令和6年4月以降のコロナワクチン接種について

国では、65歳以上の方および、60~64歳で対象となる方(※)には、新型コロナの重症化予防を目的として、秋冬に自治体による定期接種が行われる事としています。また、定期接種対象以外の方で接種を希望する方は、任意接種として自費で接種していただく事になります。
期間や費用等については詳細が決まり次第、町広報誌やHP等でお知らせします。
 ※60~64歳で、心臓、腎臓または呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活が極度に制限される方、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方

詳しくはこちらをご確認ください。

事情があり、町外で接種を受ける場合

原則、町内で接種を受けていただきますが 、下記のようなやむを得ない場合には町外でもワクチン接種を受けることができます。
※接種券は五城目町から届いたものを使用します。

町外でワクチン接種を受けられる方(申請は不要)

●町外に入院・入所されている方
●基礎疾患の治療を町外の医療機関で行っている方が主治医の下で接種する場合
●里帰り中の妊産婦(市町村にご相談ください)
●職域単位での接種を受ける場合
●国や都道府県の「大規模接種会場」で接種を受ける場合 等

申請を行うことにより、町外で接種を受けられる方

●住民票は五城目町にあるが、お住まいが異なる方
(単身赴任者、遠方に住んでいる学生、その他やむを得ない事情があり、町外に居住している方)
⇒接種には、接種券一体型予診票に加え、医療機関が所在する市町村が発行する『住所地外接種届出済証』が必要です。
詳しい申請方法等については、各自治体にお問い合わせください。

事情があり、住民票が町外にある方が五城目町で接種を受ける場合

五城目町 健康福祉課宛てに『住所地外接種届(申請書)』を提出していただきます。 接種状況が分かる書類(接種券・接種済証等)と本人確認書類(健康保険証等)の写しも添付してください。
詳しくは、五城目町役場 健康福祉課 保健担当(☎018-852-5180)までお問い合わせください。
※五城目町の施設に入所している方は申請不要です

新型コロナワクチンに関するお問い合わせ先

五城目町役場 健康福祉課 保健担当 ☎018・852・5180

ワクチン接種のリスクや副反応に係る相談等、医学的知見が必要となる専門的なお問い合わせ

●秋田県新型コロナワクチン相談センター(☎0570・066・567、午前8時~午後5時)
●厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター(☎0120・761・770、午前9時~午後9時、土日・祝日も実施)
※新型コロナワクチンの有効性・安全性などの詳しい情報については、厚生労働省ホームページまたは首相官邸ワクチン特設ページをご覧ください。  

◆ 首相官邸ワクチン特設ページ ◆ 厚生労働省ホームページ