暮らし観光
移住・定住子育て
ホーム >> 暮らしトップページ >> 組織案内 >> 総務課 >> 総務担当 >> 秋田県では新型コロナウイルス感染症対策として休業を要請しています
ホーム >> 暮らしトップページ >> 生活 >> 生活お知らせ >> 秋田県では新型コロナウイルス感染症対策として休業を要請しています
秋田県では新型コロナウイルス感染症対策として休業を要請しています

秋田県緊急事態措置(休業要請・追加措置)

県民の生命と健康を守ることを最優先に、感染防止対策の更なる徹底を図るため、新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下「特措法」という。)に基づき、新たに、休業の要請をしています。
県民の皆様には、ご不便をおかけしますが、なお一層のご理解とご協力をお願いします。

・緊急事態措置の期間 令和2年4月25日(土曜日)から5月6日(水曜日)まで

・緊急事態措置の区域 秋田県全域

※下記の関連リンクで秋田県のホームページに遷移します。

秋田県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金が支給されます

秋田県の要請に応じて、一定期間、施設の休業(飲食店等の食事提供施設の場合は営業時間の短縮を含む)に全面的にご協力いただいた事業者には「秋田県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」が支給されます。

・1事業者あたり30万円(県内に所在する事業所が複数事業所の場合60万円)

秋田県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金相談コールセンター
電話:018-860-5071
(受付時間:午前9時から午後5時)

※下記の関連リンクで秋田県のホームページに遷移します。

緊急事態宣言発令中(秋田県からのお願い)

人の往来が増える大型連休を控え、さらに感染拡大が懸念されることから、緊急事態
宣言が全国に出されました。
県民の皆さまにはご不便をおかけしますが、新型コロナウイルスの危機を一刻も早く
終息させるため、次の点に十分に注意されるようお願いいたします。

1 不要不急の外出はしない
 ・県外へ は真にやむを得ない場合を除き出かけない。
 ・生活に欠かせない買物などを除き、不特定多数の人と出会う場所へは行かない。
 ・特に都市部において、多くの人と接触するような場所への外出は避ける。
2 県外からの帰省・訪問を控えてもらう
 ・東京圏など県外からの子供さんや親戚などの帰省・訪問は遠慮していただく。
 ・来県した人は健康観察し、すぐに人に会わず、家族でも接触や会話を最小限にする。
3 人との接触を最小限に
 ・換気の悪い密閉空間、多数の人が集まる密集場所、間近で会話する密接場面の「3密」を避ける。
 ・多人数の会合・懇談・集会等は行わない。
 ・屋内外とも、人との間隔を広くとり、会話も最小限にする。
4 隠れた感染者が多い若者は自重した行動を
 ・若者は感染しても症状が出ない場合があり、若者同士の集団行動はしない。
 ・お年寄りについては、家族であっても帰省した若者との接触に注意する。
5 こまめな手洗いを
 ・外出時にはマスクを着け、帰宅時をはじめこまめに手洗いを行う。
6 咳エチケットを守る
 ・ハンカチやティッシュペーパー、袖等で口を覆う「咳エチケット」を守る。
7 いきなり医療機関に行かない
 ・熱や咳など異常を感じた際には、直接に医療機関に行かず、「あきた帰国者・接 触者相談センター(コールセンター)」に電話する。(24時間:018-866-7050、午前9時から午後7時まで:018-895-9176)
関連ファイル
PDFファイルを開くにはAdobe Reader が必要になります。
インストールされていない方は こちら からダウンロードしてください。
このページに関するお問い合わせ先

五城目町役場 総務課 総務担当
TEL 018-852-5332
FAX 018-852-5399
〒018-1792 秋田県南秋田郡五城目町西磯ノ目1丁目1-1

ページ上部へ