暮らし観光
移住・定住子育て
ホーム >> 暮らしトップページ >> 健康・医療・福祉 >> 健康・保健 >> 予防接種 >> 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症)の積極的な勧奨の差し控えについて
ホーム >> 暮らしトップページ >> 組織案内 >> 健康福祉課 >> 健康・保健 >> 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症)の積極的な勧奨の差し控えについて
子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症)の積極的な勧奨の差し控えについて

子宮頸がん予防ワクチンに関する重要なお知らせ

子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染症)は、平成25年度から予防接種法による定期の予防接種となっています。

しかし、平成25年6月14日付厚生労働省の勧告により、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされ、接種を控えることとなりました。

積極的な接種勧奨を差し控える理由

子宮頸がん予防ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が本ワクチンの接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨するべきではないとされました。

このページに関するお問い合わせ先

五城目町役場 健康福祉課 保健担当
TEL 018-852-5180
〒018-1792 秋田県南秋田郡五城目町西磯ノ目1丁目-1-1

ページ上部へ