令和6年度で子宮頸がん予防(HPV:ヒトパピローマウイルス)ワクチンのキャッチアップが終了します!~早めの接種開始を!~

~キャッチアップ接種(接種を逃した方)対象の皆さま~
令和4年4月から個別の勧奨をしておりましたが、子宮頸がん予防のためのHPVワクチン接種は、公費による接種が今年度(令和7年3月末)で終了です。
接種は、合計3回必要で、それが完了するまでに約6か月かかるため、早めに1回目の接種を開始する必要があります。

 

対象者

五城目町に住所があり、

①小学6年生~高校1年生相当の年齢の女子

(標準的接種期間: 13 歳となる日の属する年度(中学1年生))

②キャッチアップ接種の対象者 (平成 9 年度~平成 19 年度生まれまでの女性)

キャッチアップとは:HPV ワクチンの接種を逃した方に、接種の機会をご提供するものです。

ただし、接種期間は、令和 4 年 4 月~令和 7 年 3 月までの 3 年間です。

※キャッチアップの対象者につきましては、既に自費で2価・4価の HPV ワクチンを接種した方は、健康福祉課まで、ご連絡ください。(償還払い対象)
詳しくは、下記の厚生労働省ホームページ「 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を逃した方へ」のページをご覧ください。


※接種を受けたかどうかは、母子健康手帳などでご確認ください。

接種料金

無料
※接種期限を過ぎると定期予防接種対象外(有料)です。

標準的なワクチン接種スケジュール



 一定の間隔をあけて、同じワクチンを合計2回または3回接種します。接種するワクチンや年齢によって、接種のタイミングや回数が異なります。どのワクチンを接種するかは、接種する医療機関に相談してください。
 3種類いずれも、1年以内に規定回数の接種を終えることが望ましいとされています。






※1: 1回目と2回目の接種は、少なくとも5か月以上あけます。5か月未満である場合、3回目の接種が必要になります。
※2・3: 2回目と3回目の接種がそれぞれ1回目の2か月後と6か月後にできない場合、2回目は1回目から1か月以上(※2)、3回目は2回目から3か月以上(※3)あけます。
※4・5: 2回目と3回目の接種がそれぞれ1回目の1か月後と6か月後にできない場合、2回目は1回目から1か月以上(※4)、3回目は1回目から5か月以上、2回目から2か月半以上(※5)あけます。


 

接種方法

①秋田県内の実施医療機関で接種できますので、予約をしてください。
②予診票は、個人通知で郵送しておりますが、紛失された場合は都度発送しますので、健康福祉課に電話等でご連絡ください。

実施医療機関は、こちら をご参照ください。

持参するもの

①母子健康手帳、②予診票

注意事項

・予防接種を受ける際は、必ず保護者が同伴してください。
・厚生労働省資料「 HPV ワクチンについて知ってください~あなたと関係のある″がん″があります~」をよくお読みになってから接種してください。
・下記URLにも掲載されておりますので、ご覧ください。