地震に備え住宅の耐震診断をご検討ください。

ご自宅の耐震診断をご検討ください。

令和6年元日に発生した能登半島地震においては、住宅の倒壊による被害が大きく報道されました。
五城目町においても昭和56年以前に建築された木造住宅(旧耐震基準)の耐震診断および改修への補助を毎年、募集しています。

耐震診断自己負担額「1万円」で実施可能です。(事前に建設課への相談が必要となります)
また、耐震診断の結果、耐震性がないと診断された場合に耐震改修への補助が申請可能です。
(耐震改修に要する費用の23%で、上限額が30万円 こちらも事前の相談が必要となります。)

令和5年度は受付を終了していますが、令和6年度も募集予定がありますので、役場建設課までご相談ください。
(受付開始は令和6年4月1日以降となりますので、予めご了承ください。)
(令和6年03月31日までにご相談頂いた場合も受付は4月1日以降の申請順となります。)
(申込期限に関わらず、予算がなくなり次第終了する場合があります。こちらも予めご了承ください。)