「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」について

「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)は、65歳以上のすべての方を対象とした、町が行う介護予防のための事業です。

介護保険の認定を受けていなくても、一人ひとりの生活に合わせた柔軟なサービスを気軽に利用することができます。

また、これまで介護保険で行っていた要支援1・2の方向けの介護予防サービスの一部も利用することができます。

まずは、健康福祉課介護保険担当窓口または地域包括支援センター、在宅介護支援センターにご相談ください。

このようなサービスが利用できます

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)には、要支援1・2と認定された方や、町が行っている 基本チェックリスト により生活機能の低下がみられた方が利用できる「介護予防・生活支援サービス事業」と、65歳以上のすべての方が利用できる「一般介護予防事業」があります。

介護予防・生活支援サービス事業

○要支援1・2の認定を受けた方

○ 基本チェックリスト により生活機能の低下がみられた方

・介護予防訪問介護相当サービス(ホームヘルプ) ※現行のサービスと同様です。

可能な限り自宅で自立した日常生活を営むことができるよう、介護員の訪問による掃除・洗濯など、自力では困難な行為について、ホームヘルプサービスを提供します。

・介護予防通所介護相当サービス(デイサービス ) ※現行のサービスと同様です

デイサービス事業所などに通って、生活機能の維持・向上のための体操や筋力トレーニングなどを行います。

一般介護予防事業

○65歳以上のすべての高齢者

・介護予防教室への参加などが出来ます。各種事業に参加する方を増やすとともに、仲間づくり・居場所づくりの場が増えていくような地域づくりを進めます。

「はつらつポイント事業」の対象となります。

サービス利用までの流れ

サービス

単位数サービスコード表(令和3年4月版)

令和3年4月以降の、五城目町介護予防・日常生活支援総合事業における単位数サービスコード表を掲載します。

・  A2サービスコード表(訪問型サービス・独自)(令和3年4月以降)

・  A6 サービスコード表(通所型サービス・独自)(令和3年4月以降)

・  AF サービスコード表(介護予防ケアマネジメント)(令和3年4月以降) 

五城目町介護予防・日常生活支援総合事業単位数表マスタ(CSV)(令和3年4月以降)

単位数サービスコード表(令和3年10月版)

令和3年10月以降の、五城目町介護予防・日常生活支援総合事業における単位数サービスコード表を掲載します。

・  A2サービスコード表(訪問型サービス・独自)(令和3年10月以降)

・  A6 サービスコード表(通所型サービス・独自)(令和3年10月以降)

・  AF サービスコード表(介護予防ケアマネジメント)(令和3年10月以降) 

五城目町介護予防・日常生活支援総合事業単位数表マスタ(CSV)(令和3年10月以降)